オーディオショップ・カンタービレからの最新情報をお伝えしていきます!

2015 カンタービレ的トピック

| コメント(0) | トラックバック(0)
2015年も、あと三日となりました。
本年も皆様のご愛顧、誠にありがとうございました。

年末は31日まで。年始は3日から平常営業となります。
外出している場合もございますので、
ご来場の際は、事前にご一報のほどお願い申し上げます。

さて、2015年もA&Vは激しい動向がありました。
非常に簡単ではありますが、
カンタービレ・伏黒の視点で気になったトピックをまとめておきたいと思います。

1) アナログの復権
2) データ再生の認知
3) ストリーミングの隆盛

この三点に集約されます。

fluxhifi001.jpg
1) アナログの復権は、ご存知の通り
プレーヤー、アーム、カートリッジの新製品だけとどまらず
周辺のメンテナンス系アクセサリーも、面白い製品が目白押しでした。

中でも、全てのアナログユーザーにお薦めしたいのは
FLUX HiFi社の振動型スタイラスクリーナー Sonic です。
25,000円(税抜)と言う、安価なアクセサリーですが効果は絶大!

特に、休眠中のカートリッジに施す振動によるストレッチは
目を見張る効果を得られ、カートリッジによる音色の違いを楽しむと言う
アナログ再生ならではの面白さを改めて確認させてくれます。


esoteric_N-05.jpg
2) データ再生の認知、いよいよステレオサウンド誌が本腰を入れました。
また、国産ハイエンドメーカーのエソテリックからもネットワークプレーヤーがデビューします。

頑なに、データ再生を取り上げてこなかった
オピニオンリーダーたるSS誌が方向転換せざるを得ない動向と
最強の回転系メカでソース機器を牽引して来たメーカーの参入は
ついに、山が動いたと言う感があります。


tidal001.jpg
3) そして、ついに始まった定額音楽ストリーミング配信。
この体験は、明らかに音楽との付き合い方を変える体験になります。
気になっているアーティストやアルバム、曲がすぐに聴ける利便性。
聴いた事の無い、未知の音楽との出会い。
確実に、音楽との付き合い方が変わる体験と言えます。



さてさて、2016年はどんなハードとソフトに出会えますか。
今年以上に、楽しみたいと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。


=============================================

■ご質問・お問合せ・ご体験お申込みは
TEL  090-8462-3021(優先)/042-707-8041
FAX  042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

============================================================

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cantabile.jp/MTmodule/mt-tb.cgi/75

コメントする

このブログ記事について

このページは、カンタービレが2015年12月28日 17:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第71回Monthly試聴会開催のご案内ネットワークオーディオサーバー・バトルロイヤル」です。

次のブログ記事は「第72回Monthly試聴会開催のご案内 ネットワークプレーヤー・現状と展望」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。