オーディオショップ・カンタービレからの最新情報をお伝えしていきます!

■RME FireFaceUCX with 強化電源ユニット試しました■

| コメント(0) | トラックバック(0)
ff_UCX_QHD_PS_001.jpg

■この週末も暑いようです。熱帯夜は回避?
■心安らかに、音楽鑑賞と言うのもよろしいかと。。。

■さて、今週は前便WADIA Intuition01 の後
プロ用デジタルオーディオインターフェースの大定番
RME FireFace UCX を輸入元様よりお借りして試聴しています。

■FireFace UCX は、すでに音質の良さで確固たるステータスを得ている
PCオーディオ用としてもベストセラーを続けている製品です。

■このFireFaceを使っているお客様達から
続けて数件のお問合わせを頂いたのが試聴のきっかけです。

■お問合わせは
「カンタービレの CHORD QuteHD 用強化電源が FireFace にも使えないか?」
と言う内容でした。

■お問合わせでは、
音質に不満がある訳では無いが、もっと音を良くする方策を考えると
電源強化を試してみたくなった、のだそうです。

■調べてみると、スペックは合致しています。
であれば、実機で動作させてみようと言う事で。

■正常に動作が確認出来ました。
■FireFace側も強化電源側も安定動作しました。

■となれば、肝心の音質変化があるか?です。

■いやー手前味噌になりますが、これは外せなくなりますよ。

■付属ACアダプターは、ご他聞にもれず予算制限ありのスイッチング方式です。
■強化電源ユニットは、容量に余裕を持たせ、部品もしっかり検討した物を採用しています。

■控え目に言っても、2ランクは上の再生音が出てると感じます。

■まず、中低域のエネルギーが充実します。低域がふやけるわけではありません。
■弾力がありながら、キレと深みが確実に向上しています。
■ノリとタメが、しっかり出てきます。

■中高域には、見通しの良さとフォーカスの改善が感じられます。
■情報量は確実に増加したように聴こえながら、音痩せや刺激性のキツさは現れません。
■しなやかで張りのある、おいしいサウンドです。

■トータルで、音楽が今まで以上に楽しく深く聴こえてくる印象です。

■聴き専の再生系で、ここまで変化が現れますので
録音系でも、大きな効果が得られるかと思います。

■強化電源ユニットは、ご自宅貸出試聴も可能です。ご相談下さい。

============================================================
■オーディオインターフェース  RME FireFace UCX  オープン価格
■強化電源ユニット    カンタービレ HST-QHD-PS(Black/Silver) 57,750円(税込)
強化電源ユニット資料はこちらです→カタログ-1  カタログ-2 

■ご質問・お問合せは!
TEL  042-707-8041
FAX  042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

============================================================
■■■twitter / Facebook やってます。 トップページのリンクバナーからどうぞ■■■

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cantabile.jp/MTmodule/mt-tb.cgi/35

コメントする

このブログ記事について

このページは、カンタービレが2013年7月19日 22:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「■WADIA INTUITION01 でDSDを聴いています■」です。

次のブログ記事は「■第1回 Acoustic Audio Forum 開催のご案内■」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。