オーディオショップ・カンタービレからの最新情報をお伝えしていきます!

■Olasonic NanoCompo UA1/CD1 聴いてみました■

| コメント(0) | トラックバック(0)
20130709_001.jpg

20130709_002r.jpg

■梅雨が明けて、強烈な暑さが続いている南成瀬です。
■今年の夏は、酷暑だそうで。。。
■涼しい部屋で爽やかな音楽を聴いて乗り切りましょうw

■と言う訳で、以前から気になっていた超小型コンポを聴いてみました。

==========================================================
■USB DAC 内蔵プリメインアンプ        NANO-UA1  定価 73,500円(税込)
■デジタル出力専用CDトランスポート   NANO-CD1 定価 63,000円(税込)

・96kHz/24bit 対応 USB入力 x1
・192kHz/24bit 対応 同軸 (RCA)/光 (TOS)デジタル入力 x各1
・アナログ/LINE入力  x1(ステレオミニジャック)
・スピーカー出力 26W x2 (4Ω)/13W x2 (8Ω)
・重量 890g (本体のみ)

・再生可能メディア  CD、CD-R/RW、ハイブリッドSACDのCD層
・出力端子  同軸 (RCA)/光 (TOS)デジタル x各1
・新開発CD専用ドライブメカ搭載
・アップサンプリングコンバーター内蔵 (標準 44.1kHzの他、88.2k/96k出力が可能)
・重量 1200g (本体のみ)

■UA1、CD1共通
■外形寸法  w149 x d149 x h33mm/突起部を含まず
■横置き/縦置き可能
■カード型リモコン付属
==========================================================

■まず驚くのが、そのコンパクトなサイズです。
■CDケース約3枚分の筐体の中に最新技術が凝縮されています。
■2枚目の画像のように、CDラックの中に設置する事も可能です。
■2枚目 下段のスピーカーは Tangent EVO

■肝心の再生音は、これはもう痛快としか言いようがありません(笑)

■もちろん大口径ウーファーや低能率スピーカーを爆音で再生した方には
ほかの製品をお薦めいたしますが、一般的なリビングルーム空間であれば
かなり大きな音量でも楽しむ事が出来ます。

■サブシステムとしてはもちろん、
音楽好きな、お知合いお友達におすすめいただければ幸いです。

「良い音とシンプルに暮らす これからのオーディオのかたち」
Olasonic NanoCompo シリーズ、お薦めです!

■ご質問・お問合せは!
TEL  042-707-8041
FAX  042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

============================================================
■■■twitter / Facebook やってます■■■

Fushiguro Tsutomu


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cantabile.jp/MTmodule/mt-tb.cgi/33

コメントする

このブログ記事について

このページは、カンタービレが2013年7月 9日 23:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第56回 Monthly 試聴会 KitHit スーパーツィーター」です。

次のブログ記事は「■WADIA INTUITION01 でDSDを聴いています■」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。