オーディオショップ・カンタービレからの最新情報をお伝えしていきます!

2012年10月アーカイブ

◆NASの話 <03>◆

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

20121023_001.jpg

■NASの話、第三回です。
■データ・ファイル再生におけるNASの役割、
必要機材の概要はお解りいただけましたでしょうか。
■今回は、NASへ音楽データを入れて行くためのPC側ソフトのお話です。

■カンタービレ店主の手元PCがWindowsですので、こちらが中心となります。
Mac使いのユーザー様、ごめんなさいです。

■機材が揃い、セットアップも完了しました。
■いよいよデータを蓄積して行く訳ですが
作業に入る前に考えておかないといけない、非常に重要な点があります。

■それは、膨大に蓄積した楽曲データから
自分はどのような切り口で、聴きたい曲を探すのか、と言う事です。

■第二回で書いたように、
2TBのNASには、CDで3,000枚位の楽曲データが収納できます。
一枚/10曲として30,000曲にもなります。
■その中から、今聴きたい曲をストレス無く探し出せなければ
データ・ファイル再生の楽しさ・有用性は半減します。

■また、アルバム・タイトルやアーティスト名、曲名が思い出せなくても
ジャケットの絵柄で、覚えているなんて事も、ままあるはずです。

つまり、使い易いデータ蓄積とは
いかに「自分にとって使い易い目印」を付けてデータを保存するか
と言う事です。

■この目印を「タグ」と呼びますが
この、タグ付けのルールと作業をきちんと実施しておかないと
せっかく蓄積した楽曲も、探し出す事が難しくなってしまうのです。


■前置きが長くなりましたが、PC側に必要なお薦めのソフトをご紹介します。
1) CDリッピング
2) タグ編集
3) ファイル変換
4) 画像編集

■1?3 までの機能を併せ持ったものとして
dB PowerAmp をお薦めしています。

■有償のソフトではありますが、大変使い勝手が良く
非常にバランスの整った総合リッピング・ソフトと言えます。
■タグ編集機能、ファイル変換機能ともに独立して使用できますので
使い込めば使い込むほど、良く出来たソフトと感じます。

■有償とはいえ、金額はCD2?3枚分の価格です。
これからのリッピング枚数と時間を考えれば
最初から、使い易いソフトを選択しておくべきと考えます。

■4の画像編集ソフトは、アルバム・アートワーク作成用です。
デジタルカメラやスキャナに付属の簡易なもので充分です。
スキャナで読込んだアートワークのサイズ変更と簡単な画質調整をして
楽曲データとセットにしてNASに保存します。

■さて第四回は、いよいよリッピング開始、できるかな?

=======================================================
■ご予約・ご質問・お問合せは
mail  info@cantabile.jp
TEL  042-707-8041
FAX  042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

 

◆NASの話 <02>◆

| コメント(0) | トラックバック(0)

20121011_001.jpg

■NASの話、第二回です。

■上の画像は、カンタービレNAS2号に内蔵されたHDD、WDの新型NAS用 Redシリーズの2TBです。

■NASが音楽データの倉庫と言うのはお解りいただけたと思います。
■第二回は、具体的に必要な機材と選ぶ基準を解説します。

■ネットワークオーディオ、PCオーディオにオーディオ機器以外で
必要な機材は下記の通りです。
・NAS本体
・無線LANルーター
・接続用LANケーブル
・iPad
・イメージスキャナー
*もちろんPCとインターネット環境は、すでに導入されていると言う前提です。
*iPadは、ネットワークオーディオプレーヤーを導入する際には「必須」と言えます。
*Android機でも対応可能ですが、当店ではiOS機を推奨します。

■それでは各機器はどのような基準で選べばよいのでしょうか。

・NAS
NASには、HDDが組み込まれる訳ですが、これからの発展を考慮すれば、
やはり容量は大きいに越した事はありません。

大まかな目安ですが
非圧縮CDリッピング・データ = 約600MB / 1アルバム
192/24 非圧縮データ = 約 3GB / 1アルバム
このぐらいの大きさになります。

2TB-HDD であれば
CDで 約 3,000アルバム強
192/24 で 約 600アルバム強
このぐらい格納できます。


また、回転機構を持たないSSDと言う選択肢もありますが
ここは、コストとの兼ね合いでご判断ください。

■カンタービレでは、QNAP TS-119 が入手できる今のうちに
2TB-HDD組込で確保する事をお勧めいたします。

・無線LANルーター
無線LANは、リモコンとしてiPadを接続するために必要となります。
膨大なライブラリから、聴きたい曲をストレス無く探し出すために
デジタル・ファイル再生には必須の環境です。
・特にメーカー、型番の特定お薦めはありませんが
データを作るPCとも無線で繋ぐのであれば、なるべく通信速度の速い物をお薦めします。

・接続用LANケーブル
CAT7のなるべく短い物をお薦めします。
特に「オーディオ用」と銘打っていない物でOKです。
音楽データ伝送に、CAT7規格はオーバースペックですが
シールド性能の高さは、実際にノイズ低減につながります。

・iPad
上にも書きましたが、ネットワーク・プレーヤー環境には必須です。
またPCオーディオ環境でも、PCを遠隔コントロールが可能ですので、ぜひ導入して下さい。

カンタービレでは、約2万曲をNASに蓄積していますが
これだけの曲数をiPad無しで操る事は、不可能に近いと思います。

iPadには、WiFi専用タイプと3G+WiFiタイプがありますが
リモコンとして使うだけであれば、WiFiタイプで充分です。

・イメージスキャナー
CD等のリッピング・データに「美しい」アルバム・アートワークを付けるために必要です。
アートワークをネット上から入手する方法もありますが
サイズや解像度など、自分で納得出来る質を満たすためには重要だと考えます。

iPadで検索・表示した時にアートワークが「しょぼい」と興醒めですよw。

機種はプリンター一体型で充分です。
お持ちでない方は、この際導入して下さい。
安い機種なら1万円でお釣りが来ます。


■データ再生用機材は、これだけあればOKです。

■第3回は、PC側のソフトウェアをご案内します。

=======================================================
■ご予約・ご質問・お問合せは
mail  info@cantabile.jp
TEL  042-707-8041
FAX  042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

◆NASの話 <01>◆

| コメント(0) | トラックバック(0)

20121004_001.jpg

10月になりました。
■秋ナスは嫁に食わすな、、、滑りましたね。すみません。
■気を取り直してお付き合いくださいませ。

■カンタービレでは、CDリッピングデータの他
88.1/96/176.4/192 のハイレゾLPCMに加え、DSD→DoPデータまで楽しむため
あっという間に2TBのHDDを積んだNAS 1号が満杯となり、NAS 2号を導入しました。

■その間、ネットワークプレーヤー、USB-DACなど様々な機器を展示機、試用機として
繋いで音質チェックや使い勝手のチェックの上、お客様にお薦め、導入していただきました。

■そんな中で、NAS 2号機導入に当たり、
データ・ファイル再生で一番重要なのはNASの運用だ、と再確認しました。
■にもかかわらず、具体的なオーディオ用NASの運用に関する情報は非常に少ない。
■と言う訳で、この1年半の経験を踏まえて、NASのお話を書き進めて行きたいと思います。


■まず、NASとは何ぞや?と言うところから。
■NASは、音楽データを蓄積・保存する倉庫です。
■ご存知の方もたくさんいらっしゃる事と思いますが
NASは、Network Attached Storage/
ネットワーク接続ストレージの略語です。
■つまり家庭内ネットワーク(LAN)に接続するデータ倉庫です。

■よくあるご質問では、外付けUSB-HDDと何が違うのか、と言うのがあります。
■USB-HDDは、PC一台に直接繋がっています。
■NASは、ネットワークに繋がっている全ての機器で同時に使う事が出来るデータ倉庫です。

■このNASに音楽データを保存する事で、同じネットワークの中なら
時間や場所に関係無く、保存された音楽データを再生して楽しむ事が出来ます。

■また、一か所でしか使わないとしても
PCをwinからmacに変更しても、独立したNASであればそのまま使い続ける事が出来ます。

■今日現在、カンタービレのNASには、約2万曲のデータが入っています。
■これぐらい蓄積出来ると、聴きたい時に聴きたい曲をほぼ瞬時に再生出来ます。

■ネットワークプレーヤーもUSB-DACも、
新製品が出る度に音質と使い勝手を販売店や雑誌は取り上げますが
正直な所、毎年その完成度は上がって行きます。
■ハードは、待てば待つほど高性能で手頃な価格になって来ます。
■買い時と言うのは、一人一人のユーザー様の判断ではありますが
興味があれば、すぐにでもオーディオ専用NASを導入/立ち上げる事をお薦めします。

■なぜなら、聴けるデータを準備しない限りファイル再生は出来ませんし
運用開始後しばらくは、管理方法の試行錯誤や慣れが必要となるからです。


■繰り返しになりますが、

デジタルファイル再生は、ハードウェアのスペックも大切ですが、
最も重要なのは、自分の使い方に沿ったNASの構築と運用なのです。

■カンタービレでは、オーディオ用NAS構築のご相談を常時お受けいたしております。
■NAS、ネットワークプレーヤー、USB-DACなど、お気軽にご相談下さい。


=======================================================
■ご予約・ご質問・お問合せは
mail  info@cantabile.jp
TEL  042-707-8041
FAX  042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。