オーディオショップ・カンタービレからの最新情報をお伝えしていきます!

◆ViV Lab. Rigid Float 納品設置◆

| コメント(0) | トラックバック(0)

viv_rf07_001.jpg

■9月第一週、国産トーンアームの新星 ViV Lab. Rigid Float を納品設置してまいりました。

■ViV Lab. Rigid Float トーンアームは、軸受部分に機械的接点を持たない
極めてユニークなトーンアームです。

 

■設置は非常に簡単です。
予め、台座設置位置を確認の上、パイプ長:7/9/13inch から最適なサイズを選択。
その位置にポンと置き、付属のアンダーハングゲージで台座位置を微調整すれば
あとは通常のアーム同様、針圧を印加するだけです。

 

■今回組合せたターンテーブルは、ハンス・アコースティクス/ T-30 です。
■標準長アーム(SME 9inchアーム基準)取付け部を設置場所として
Rigid Float は、7inchモデルを選択しました。

 

■付属のNelsonHold/ヘッドシェルORTOFON MC20Wを装着。
■アンダーハングゲージに従い、針先位置から台座位置を確認微調整。
■デジタル針圧計で、正確にウェイトを印加します。

 

■いよいよレコードを乗せて演奏開始。
■最初の一音から、ぱっと見通しの良い演奏空間が再現されて、まずは一安心。
■しばし再生音をチェックしつつ楽しみます。
■そして最内周のサビ/エンディングまで真剣集中。

 

■いやぁ、お見事!
■お客様からも、非常に満足とのお言葉を頂いて本日の業務終了です。

 

■ViV Lab. Rigid Float の再生音は非常に歪み感が少なく
最内周まで、安心して音楽を楽しみ続ける事が出来ます。

 

■特にピアノの中高域のアタック音など、最内周で感じる頭打ち感や濁り感が
非常に低減され、しっかり一音一音を噛みしめるように楽しむ事が出来ます。

 

■情報量、Dレンジ感、S/N感は抜群に秀でており
改めてレコードの持つ潜在能力の高さを思い知らせてくれます。

 

■カンタービレでは、ご自宅試聴を承っております。
ご使用中のプレーヤーをお知らせいただければ
最適なパイプ長のRigid Float をお持ちいたしますので、お気軽にご相談下さい。

 

=======================================================
■ご予約・ご質問・お問合せは
mail  info@cantabile.jp
TEL  042-707-8041
FAX  042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cantabile.jp/MTmodule/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、カンタービレが2012年9月 9日 15:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「◆CHORD QuteHD用強化電源 正式承認となりました◆」です。

次のブログ記事は「第50回 Monthly 試聴会 DSDネイティヴ再生を聴こう! 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。