オーディオショップ・カンタービレからの最新情報をお伝えしていきます!

2012年8月アーカイブ

qutehd_qhd_B_S.jpg

*QuteHDに合わせて、強化電源ユニットもブラック/シルバーの2色があります。

■試聴機材■
CHORD QuteHD・DSD対応D/Aコンバーター
Cantabile HST-QHD-PS・CHORD用強化電源ユニット

===========================================
・期日:8月25日(土)、26日(日)
・開始時刻:両日共 15時?
・会場:カンタービレ店内
===========================================

■今年後半の話題を集める、DSD&394kHz/32bit対応D/AコンバーターCHORD QuteHDが、
早くもカンタービレMonthly試聴会に登場です。

■手のひらに乗る小型サイズの筐体ですが、その中身はあまりにもハイレベルな作りです!
■デジタル入力は、S/PDIF同軸BNCとTOS光、そしてUSBを備えます。
PCMは最大394kHz/32bitまで対応
■そして注目は、DSDデータのネイティヴ再生に対応している事です。
■クラシックやジャズなどアコースティック系録音で、
芯がありながら、強調感のない自然な音像と空間表現に長けるDSD音源が
この金額の製品で、きちんと楽しめるレベルに達している事が脅威に値します。
■この内容と音質は、CHORD社が世界戦略モデルと位置付けていると言うのも納得が行きます。

■しかし、世界戦略モデルだからこその残念な部分が一か所あります。
■それは、各国に合わせた電源部を小型のスイッチングACアダプターに任せてしまっている事です。

■もちろん、この付属ACアダプターでも価格を凌駕する音質を得てはいますが
この状態でQuteHDの音質を云々するのは、まったくもって「もったいない」と言えます。

■そこでカンタービレでは、きちんと物量を投入した専用強化電源を開発。
■今回の試聴会にて、お披露目させていただきます。

■すでにQuteHDも強化電源も、慣らし運転が終わり
非常に聴き応えのある再生音を奏でております。

■試聴会当日は、CDリップデータから192kHz/24bit、
当然、DSDデータの再生音をじっくりご試聴いただきます。

■現在、お陰様でQuteHD本体もカンタービレ強化電源ユニットも品薄状態となっております。
■貸出機の準備も進めておりますが、しばらくの間は店内もしくは持込み同日引上げのご自宅試聴のみの対応となります。

■まずは、この小さなQuteHDが強化電源で駆動される事で
ハイエンドに通ずる実力機である事をカンタービレにてご体感下さい!


=============================================================
■試聴スペースに限りがございます。
着席可能なお客様数は、5名様ほどとなります。

誠にお手数ですが、ご来場ご希望のお客様は
参加ご希望日を 前日までにご一報のほどお願い申し上げます。


■駐車場所に限りがございます。近隣の方のご迷惑にならないよう
市営駐車場にご案内させていただく場合がございますので
予め、ご了承ください(2時間/100円)

■ご質問・お問合せ・お申込みは今すぐ!
mail  info@cantabile.jp
TEL  042-707-8041
FAX  042-707-8051
店主 伏黒までお気軽に!

 

 

test

| コメント(0) | トラックバック(0)
test

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。